ホーム  >  セーターの洗い方

暮らしのお役立ち情報

らくらく大掃除

掃除 -セーターの洗い方-

セーター<準備>

まず、着丈、身幅、袖丈の3個所の寸法を測っておきます。
特にシミや汚れが付いているところは、中性洗剤をそのまま指でつけてなじませて置きます。

<洗濯>

まず、洗面台を利用して洗面ボールに水または30℃以下のお湯を張り、中性洗剤(orおしゃれ着用洗剤)を溶かします。
温度が高いと縮むので注意!セーターを畳んで、袖や前身ごろなどの汚れの多い部分を外側になるようにします。
洗面台に入るように畳んだセーターを洗剤液になじむように軽く押していきます。両手を広げて上からやさしく押し洗いをします。
セーターの中の洗剤液が出たり入ったりする感じで。(20回ぐらい) 決して、揉まないこと!
一度、洗濯機で脱水をします。全自動洗濯機の中心から少し横に軽く水を切った(ねじって絞らないこと!)セーターを載せます。 真中に置くと、広がって伸びてしまうので注意。(30秒ぐらいが目安)
洗濯と同じく軽く押し洗いで、すすぎを2回。2回目のすすぎに柔軟剤又は仕上げ剤を入れて2~3分置きます。先程と同様に、脱水(30秒ぐらい)。

<干し方>

先程測った寸法に合わせて形を整えます。
袖口が伸びていたら、縦方向に少し伸ばして形を整えてもいいでしょう。
伸びを防ぐには専用のセーターネットを使うと良いのですが、何枚も干せないので竿などを利用します。 ハンガーに掛けて吊るすと、重みが肩に掛かり伸びてしまいます。
胸のところで半分にして、竿に掛けます。袖も伸びないように半分のところで、竿に掛けておきます。ピンチは跡がつきやすいので、脇などの着た際に目立たないところに止めます。
出来れば1~2時間経って生乾きの時に裏返して干し直すと、乾きも早いし折り跡も目立たなくなります。ウールは日で色が褪せることがあるので、日陰に。

<仕上げ>

形を整えて、スチームアイロンを少し浮かして掛けると、ふわっときれいに仕上がります。
アイロン跡が気になる黒などは、当て布をした方が安全。

暮らしの知恵袋TOPへ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ