ホーム  >  止血 1

暮らしのお役立ち情報

応急処置

止血 PART1

出血には、2種類あります。
1つは静脈からの出血で、もう1つは動脈からの出血です。


    a. 静脈からの出血

  • 静脈からの出血の特徴は血液の色が黒く、ジワッと出血します。少し太い静脈からですと、
    黒い血液が溢れるように出血します。
    静脈からの出血の止血の原則は圧迫です。 圧迫する時間は最低5~10分間位は必要です。
    圧迫をしている途中で、圧迫を解除すると出血量が増加しますので、途中で圧迫を解除することの
    ないようにしましょう。出血量が多いようなら、医療機関を受診してください。
  • b. 動脈からの出血

  • 動脈からの出血の特徴は血液の色が鮮紅色で、拍動性に勢いよく出血します。
    動脈からの出血は出血量も多く、直に医療機関にて適切な処置が必要です。
    応急処置としては、出血部位より心臓側の動脈を縛ることです。
    縛る強さは、出血が止まる程度です。

止血の方法の図へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ