ホーム  >  STEP.3 不動産屋へ行き、物件の下見に行こう!

暮らしのお役立ち情報

初めてのお部屋探しマニュアル

STEP.3 不動産屋へ行き、物件の下見に行こう!

【貸主、代理、仲介】

物件の一覧や詳細画面の「取引」という所にあるのは、「媒介・代理・貸主」の3つの言葉のどれか1つのはず。
ここが「媒介」か「代理」の場合は、その不動産屋さんは、他人(他社)の物件の借り主の代わりに探して、借り主と貸し主を結びつけ(仲介)、その見返りとして仲介手数料が会社の収入になります。
また「貸主」と書かれている場合は、その不動産屋さんが自社所有物件を貸すという意味です。
仲介者が無く、貸主との直接契約なので仲介手数料は発生しないということになります。

【おとり広告に注意】

おとり広告とは、実際に存在しない物件を表示して客を店舗におびき寄せ、「その物件は、さっき成約したから、この物件がいい。」と希望と違う物件を押しつけようとすることを目的とした広告です。
傾向として相場より価格を著しく安く表示する傾向がありますので、怪しい広告には手を出さないように心がけましょう。 おとり広告は法律違反です。

【不動産屋さんとのトラブルの時】

都道府県庁の宅地建物取引に関する苦情窓口では、不動産取引に関する次の苦情を受け付けています。

  • 宅地建物取引業者名簿の閲覧(行政処分を受けた会社については、その旨が記載されています。)
  • 宅地建物取引の契約前の相談(トラブルを未然に防止するための注意)
  • 宅地建物取引業者の説明不足などにより生じたトラブルについての相談、業者指導

職員はすべて公務員なので、不動産屋さんとのトラブル解決には、この窓口を利用するのが有効。不動産会社を詳しく調査する権限があり、悪質な場合には不動産会社の営業停止もできます。ただし、大家さんとの原状回復トラブル、敷金返還等の民事上の問題は扱ってないので注意しましょう。

【まずはメールで問い合わせ】

インターネットの情報は参考にはなるけれど、やっぱり自分の目で確かめたほうがよいでしょう。自分の気に入った物件が見つかったら不動産屋さんにメールで送信。 早く行動したいなら、電話のほうが早いでしょう。 「インターネットの「いい部屋探し」で見た、「問い合わせ番号、○○○○○番」」と元気良く、はっきり伝えましょう。もしかしたら、借り手がついていることもあるので、希望の条件をはっきり伝え物件を探してもらえるか尋ねましょう。

【不動産屋さん訪問時のポイント】

不動産屋を訪れたら第一印象を大切にしましょう。すべては担当の営業マン次第。話し方、電話の応対、あいさつの仕方などを見て、気持ちよく相談にのってくれそうな親切なムードがなければ無理に交渉を進めないこと。

【下見に行こう】

条件に合う部屋が見つかったら不動産屋さんと下見です。近所なら歩きで、離れている場合は自動車で行きます。周囲の環境を確認しながら、落ち着いて観察しましょう。不明な点は何でも聞きましょう。

初めてのお部屋探しマニュアルTOPへ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ