ホーム  >  子供のお祝い その1

暮らしのお役立ち情報

冠婚葬祭マナー

祝事 -子供のお祝い1-

<七五三>

七五三男女共に三歳になると「髪置き」(かみおき)といって髪を伸ばして結い直す儀式が始まりです。
男の子は五歳になると「袴着」(はかまぎ)という、男児が初めて袴をつける儀式を行い、女の子は七歳になると「帯解」(おびとき)という、つけひもをとって初めて本式の帯を締める儀式を行いました。
三歳の男女・五歳の男子・七歳の女子が11月15日に近くの氏神様に出向き、 これまでの成長に感謝するとともに、今後の幸福を願います。


また11月15日は二十八宿の鬼宿日にあたり、祝い事には最高の日とされているためともいわれます。
それぞれの年齢に応じてスタイルを変えていく七五三は、幼児から子供へと成長していく過程における節目をあらわしているのです。

【お祝いの品物として】

男の子には・・・帽子、靴、スポーツ用品、ゲームなど
女の子には・・・バッグ、身のまわり品など。

冠婚葬祭マナー 祝事-子供のお祝い2-編へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ