ホーム  >  参列のマナー その1

暮らしのお役立ち情報

冠婚葬祭マナー

葬儀 -参列のマナー1-

<お悔やみの言葉>

取り込んでいる時なのでごく短い言葉ですませます。
月並でも「この度は御愁傷さまです」とか「心からお悔やみ申し上げます」でかまいません。

[例]

・この度はまことにお気の毒でございました。

・この度はお寂しいことになりまして…。

・お力落としのないように…。

・日ごろお元気なご様子をうかがっておりましただけに…。

お悔やみにこやかなお顔がありありと思い出されてまいります。

・ご活躍ぶり、かねがね聞き及んでおり、ひそかに、こんなにご立派なご兄弟のおありになることを羨ましく存じておりました。

・このように急に悲しみがおそってくるとは…。

・なんのお苦しみもなくほんとうに安らかに逝かれた由、それもお人柄によるもの…

・心中ひそかに合掌いたしました。

・お力になれることがありましたら、なんなりとお申しつけください。

・奥様を見習えなどと家内に申したほどのお方でした。


冠婚葬祭マナー 葬儀-参列のマナー2-編へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ