ホーム  >  お通夜・葬儀の服装

暮らしのお役立ち情報

冠婚葬祭マナー

葬儀 -お通夜・葬儀の服装-

<お通夜の場合>

告別式例えば「仕事中、取引先の方が亡くなられました。
急ぎ、今夜6時からのお通夜ということになりました。 」
基本:場所をわきまえた服装を。
お通夜は突然のことなので平服のまま出席することが多くなります。
服装はそのままといっても、あまり華美なものは避けます。
光るものやアクセサリーは取りましょう。

<告別式の場合>

「明日の告別式に出席するために、式服を準備します。」
基本:服装は黒服。
女性も黒服で夏でも半袖以上。バックからストッキングまで全て黒で。
真珠以外のアクセサリーをつけないのがマナー。
告別式の服装は、男性は黒のスーツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴です。やむをえない場合は、地味な平服でもかまいません。
しかしワイシャツは白とし、ネクタイ、靴、靴下は黒を用いましょう。
その場合は喪章をつけ弔意を表します。


冠婚葬祭マナー 葬儀-会場では-編へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ