ホーム  >  水引の使い分け

暮らしのお役立ち情報

冠婚葬祭マナー

婚礼 -水引の使い分け-

<水引き>

水引きは、包んだ金品を結ぶ、という目的に使われていました。
慶事に用いられる色は、紅白、銀一色、金赤がほとんどです。
本来は、結び切りが正式で蝶結びが略式ですが、今では二度と繰り返されないようにと、
結婚祝いと弔事には結び切りを、そのほかの慶弔には蝶結びを使うようになっています。

水引きの使い分け

◆結び切り 結び切り 婚礼など繰り返しを嫌う祝事にのみ用います。
◆蝶結び 蝶結び 何度も繰り返されるようにという意味があり、
一般の祝儀に最適です。
◆あわび結び あわび結び あわびのように細かく結ぶのでこうよばれています。
祝事全般に用います。

冠婚葬祭マナー 婚礼-招待状をもらったら-編へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ