ホーム  >  屋外にいるとき 2

暮らしのお役立ち情報

地震対策

いざという時どうする?〔屋外にいるとき PART2〕

5.駅のホームでは

などにしっかりとつかまってください。
ホームから転落しないように注意してください。
また、時刻表示版、蛍光灯、モニターカメラは落下、自動販売機は転倒の恐れがありますので離れてください。カバンで頭を保護したり、ベンチの下に潜り込むなど落下物から頭などを守ってください。

6.自動車運転中

揺れを感じても、急ブレーキをかけることは危険ですのでやめてください。徐々にスピードを落として車を道路の左側に停車してください。
避難するときはロックをせずに、キーをつけたまま車から離れてください。

7.海岸では

津波の危険がありますので、揺れを感じたら、ただちに高台などへ避難してください。
津波警報や津波注意報が発令される前に津波が来襲することもあります。

避難する時へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ