ホーム  >  家の中にいるとき

暮らしのお役立ち情報

地震対策

いざという時どうする?〔家の中にいるとき〕

1.身の安全を守る

身の安全が最優先。急いで机やテーブルの下に身を隠したり、家具の少ない部屋へ移動してください。机やテーブルがない場合には、座布団や本などで頭を保護してください。
また、家屋や同居人の安全を声をかけて確認してください。慌てて外に飛び出すことは危険です。屋根瓦やガラスの破片が落ちてくることがあります。

2.脱出口を確保する

揺れが大きいと、ドアや窓が変形して開かなくなり、室内に閉じ込められることがあります。身の安全が確保されたら、揺れの合間をみて、ドアや窓を少し開け逃げ口を確保してください。

3.火の始末をする。

目の前で火を使っていた場合や揺れが小さい場合は、すぐに消すようにしますが、身を守ることが優先です。
揺れが激しい場含は、揺れが収まってから火の始末をしてください。火が出なくてもガスの元栓は確実に開めてください。また、停電復旧にともなう通電火災防止のため、電気のブレーカーも切ってください。

4.揺れが収まっても油断しない。

改めて家族や同居人の安全を確認してください。とくに大きな地震の後には、余震が発生することがあります。
倒れかかったタンス、本棚や冷蔵庫などには近づかないでください。余震によって転倒する恐れがあります。
ラジオ、テレビなどから正しい情報を入手してください。

屋外にいるとき PART1へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ