ホーム  >  STEP2 奥行き感を出そう

暮らしのお役立ち情報

お部屋のインテリア講座

1ROOMのインテリア講座

STEP2 奥行き感を出そう

基本となる「正方形のスペースを残す」がマスターできたら、次にステップアップしましょう。
STEP2は部屋を仕切ることで「先に何かある」と思わせ、奥行きを感じさせて広さを演出するというレイアウトを紹介します。
中央に空間を残すというSTEP1に比べると、人の動きの流れが長くなり、デッドスペースができることもありますが、
変化のあるインテリアが楽しめるレイアウトといえます。

今回の レイアウトのポイントは「ゆるやかな間切り」というところ。
狭い部屋を完全に仕切ってしまうと、より狭い空間が2つできるだけ。

仕切りはあっても部屋全体の空間を感じさせることが大切です。
間仕切りとして、オープン棚やワゴンを配置することで、高さの割に圧迫感がありません。

また、目線よりも低く、見せたくないものは隠してくれるワゴンも、狭い部屋の間仕切りにおすすめです。
またコーナーに分けることで、それぞれのイメージが明確になり、インテリアを まとめるメリットも。

STEP3ヘ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ