ホーム  >  ゴキブリ退治用のホウ酸ダンゴの作り方

暮らしのお役立ち情報

害虫大撃退

ゴキブリ退治用のホウ酸ダンゴの作り方

代表的衛生害虫のゴキブリは、3億年以上も前より地球上に棲息しているといわれ、そのしぶとい生命力と繁殖力で今もなお、熱帯を中心に全世界に4,000種類、日本では50種類近くが存在します。大半は野外生活をしますが、7~8種類は屋内に潜伏活動しており、細菌、寄生虫、ウイルス等の伝搬や、最近ではゴキブリアレルギーによる喘息が問題となっています。活動は夜行性で、人間が夜寝静まって空気の振動がなくなると活動を開始します。
ホウ酸ダンゴはゴキブリ駆除剤として民間に伝承されており、ゴキブリ等の雑食小動物の好物であるジャガイモ、タマネギ、小麦粉、砂糖、米ぬか等に、毒餌(ベイト)としてホウ酸を混ぜて団子状に成形したものです。
現在では市販品も多く、ホウ酸の含有量も5~70%と幅があります。ホウ酸は細胞毒で、ゴキブリの表皮から浸透する接触作用と、経口的摂取による消化管内の共棲微生物殺菌および組織SH系酵素阻害作用により、ゴキブリは脱水症状を起こして死亡します。 作用は遅効性で、効果が現われるのに4~5日程度かかりますが、効果は確実です。

<ホウ酸団子の作り方>

家庭で作られている例として、それぞれジャガイモ・米ぬか・タマネギを用いたホウ酸団子を紹介。

<ジャガイモを使った例>

ジャガイモを蒸すかゆでて、つぶし、10~15%のホウ酸を混ぜて親指大のダンゴをつくり、天日で乾燥する。

<米ぬか、グリセリンを使った例>

ホウ酸40gと米ぬか140gをよく混ぜ、グリセリン20mLを加え、さらに水を加えて耳たぶ位の柔らかさにする。これを2cm位の平らなダンゴ状に成形し、天日で乾燥する。

<タマネギ、小麦粉、砂糖、牛乳を使った例>

タマネギ小1個をみじん切りにし、牛乳大さじ1杯を加えてミキサーにかけペースト状にする。これに小麦粉1/4カップ、砂糖大さじ1、マッシュポテトの素1/4カップ、ホウ酸100gを加え、直径約3cmの団子を作る。天日で1週間乾燥する。

<ホウ酸団子の設置場所>

台所の流し台の下、引き出しの奥、冷蔵庫の裏、ガスレンジの下の隙間等、暖かく、潜伏間隙のある場所に設置し、数ヵ月~1年で取り替える。 ホウ酸は毒性が強い(ヒトの最小致死量 成人8~30g 小児3~6g)。したがって幼児や痴呆老人、ペットが誤って食べることのないよう、十分注意して設置することが大切である。誤食防止に、ホウ酸団子を天日で乾燥する前に唐辛子をまぶすこともある。

蚊に好かれる人って?へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ