ホーム  >  ダニについて

暮らしのお役立ち情報

害虫大撃退

ダニについて

人体に害を及ぼすダニの代表は、刺されるとかゆくなるツメダニ、ぜんそくやアレルギ-性鼻炎などの原因になるヒョウヒダニです。
フケや食べ物のかす、カビなどを食べ、どこの家にもじゅうたんや畳、布団にたくさんおり、普段はおとなしくしています。ただ、温度が25~28度、湿度が75~85%になると繁殖に最適の条件が揃うので、大発生する可能性があります。 それはちょうど日本の夏の気候に一致し、かゆみの被害は8、9月に集中します。退治のポイントは掃除と乾燥

「昔は年一目以上の大掃除が法律で定められ、役所もチェックしたと聞いている。大発生の時期の前に、じゅうたんや畳をあげ、大掃除をするとだいぶ被害は減る」
そのようなこともあったそうです。

ダニ

少なくとも、3日に1回は部屋に掃除機をかけるべきということは、こういうところから来ているのでしょう。

掃除機をかける時には1平方メートルあたり20秒以上掃除機を掛けるのが必要。六畳間なら約3分間で、思ったより長い時間。

掃除機のフィルタ-のふんやカビなど細かいものが除去しきれず、排出されてしまっているので掃除の際は 室内の通気をよくし、アレルギー対策には、ダクトや延長ホースで排気を外に出す工夫が必要です。

布団もダニの棲家退治を徹底するなら、「干して、叩いて、吸い取る」が基本。

ダニは熱に弱く、日干しである程度死ぬが、叩くと中のダニが表面に出てきて、そのままでは逆効果。取り込んでから布団にも掃除機をかけることが大事です。

カビについてへ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ