ホーム  >  室内環境のケアの仕方 PART1

暮らしのお役立ち情報

害虫大撃退

室内環境のケアの仕方 PART1

<部屋の風通し>部屋の風通し

ダニやカビが発生しにくいように室内の温度、湿度を下げるためには、窓を開けて、換気することがとても大切です。その時に1カ所の窓だけでなく、2ヶ所以上の窓を開けて風の通り道を作ることが必要です。

冬は、夜中から朝にかけて温度が一番下がり、室内外の温度差ができるので、結露ができやすくカビの発生原因となります。
そのためにも就寝前に5分窓を開け、室内の湿気を逃がしておくこと。エアコンによる暖房は湿度を下げ、皮膚を乾燥させ、風邪もひきやすくなります。
加湿器で、湿度を50%くらいにすることが必要です。

<床の掃除>

じゅうたんは、ダニの生息場所になります。 ですから、丁寧に掃除機で吸い取りましょう。
また、じゅうたんは敷き詰めずに置き敷にした方が、掃除やクリーニングもしやすいでしょう。
畳は、ダニの隠れ場所になります。
清掃の回数が多いほどダニを減らすことができます。
掃除機は、1m2につき、20秒以上畳の目に沿ってかけることによりダニを吸い取ります。
寝室はできるだけ毎日、寝室以外の部屋は3日に1回は掃除機をかけるとよいでしょう。
その際、ほこりが室内に舞い上がるので充分に窓を開け、換気をすることを忘れずにしてください。

<部屋の掃除>

部屋の中で意外にほこりがたまりやすいのが、照明器具のカサ、カーテン、額縁、 ぬいぐるみなどです。 掃除をする前に、室内の凹凸をできるだけ少なくする工夫をしましょう。
額縁やぬいぐみなどはガラスのケースなどに入れて飾れば、ほこりがつきにくく、掃除もしやすくなります。照明器具のカサ、タンスの上や裏なども定期的に掃除してください。
掃除をする時は、ハタキなどを使うとホコリが舞い上がるので、濡れぞうきんや化学ぞうきんを使いましょう。

室内環境のケアの仕方 PART2へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ