ホーム  >  ピッキングについて

暮らしのお役立ち情報

防犯対策

ピッキングについて

最近良く聞く言葉なので知らない方はほとんどいないと思いますが、
簡単にピッキングについての話をしておきましょう。

ピッキングとは、ピックと呼ばれる、耳掻きのような金具を、カギの穴(シリンダー)に差し込んで、開けてしまう方法の事をいいます。
このピッキングは、もともとカギ屋(カギを無くして困った時に開けてくれる業者)さんの錠前技術でした。しかし、現在ほとんどの家庭で見られる「ディスクシリンダー錠」というカギは、技術的にはそれほど難しくなく、ホンの1~2日勉強すれば、開けられるようになってしまいます。
プロなら30秒くらいで簡単に開けてしまいます。

ピッキングの影に隠れた一番狙われる進入口!

最近マスコミ等に取りざたされている為「ピッキング被害」ばかりが、よく聞かれますが、実は、一番侵入者が侵入口として使われるのは「窓」なんです!

通常窓についている「クレセント」というカギは、空き巣などからしたら「カギ」ではないのです。
ドライバーなどで、カッターの様に窓のカギの周りのガラスに、傷をつけ、簡単に開けてしまいます。
この時、ガラスを割るんですから、相当大きな「音」がするとお思いでしょうが、実は、コップにヒビが入る位の音しかしないので、なかなか気づかれにくいのです。 1分もあれば余裕で開けられてしまいます。
また、[窓]は家中に何枚もあります。
大体頭が入れば、体も入ると思ってください。空き巣にとって、風呂場や、トイレなどの小さな窓も大切な侵入口なのです。

この様に、ピッキング対策も大変重要ですが、そればかり気にして、肝心な[窓]を忘れると、[防犯]としては意味がありません。 ドアと窓の両方の対策を行い、はじめて[安心]といえるでしょう。
よく開閉する窓には、T型防犯錠が使いやすくて便利です 。

ピッキング以外の侵入法へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ