ホーム  >  カギを過信しない

暮らしのお役立ち情報

防犯対策

カギを過信しない

ピッキングに強いカギに変えれば本当に安全か?

さて、まず初めに理解しなくてはいけない事は、『完璧な安全なカギは無い』という事です。
実力行使で、ドアとドア枠の隙間から、バールでこじ開けてしまう事も出来ますし、これだけ「ピッキング」に対して一般の方が敏感になっていれば、ピッキング以外でカギを壊し、侵入するという新たな手口も増えてきます。

私達が、ピッキング対し、敏感になり対策していくと同じ様に、犯罪者も新たな手口を求めている現実を理解しなければなりません。常に「安全なカギは無い」という事態を認識し、防犯対策に努めていくべきだと思います。
カギを交換しただけでは、過信せず、防犯ブザーと併用したり、2ロックにしたりと、常に侵入者の上をいく対策をしていくべきです。
私達の「隙」は常に、侵入者に狙われている事を忘れてはいけません。

安全性の高いカギにするには?

単にピッキングに強いカギに変える事が、一番安全性が高いとはいえません。
シリンダーだけ強化しても全く成果があがらない事も多々あります。

侵入者から身を守ろう PART1へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ