ホーム  >  賃貸住宅の防犯対策

暮らしのお役立ち情報

防犯対策

賃貸住宅の防犯対策

カギは勝手に交換出来ない?

賃貸住宅では、カギの管理や交換は、大家や管理会社が責任を持つ事になってます。ほとんどの賃貸住宅の場合、ピッキングに弱いとされるディスクシリンダー錠です。
しかし、住人はいくらピッキングに弱いカギだからといって、勝手に交換しては駄目なのです。
大家さんや管理会社に事前に了承を得るのが、筋で、残念ながら管理体制上、一つ世帯だけ交換する事は難しいのが現状です。
また、大家さんや管理会社が防犯対策意識をもっていない場合や、持っていても意識や知識レベルが低い場合は、話す事すら無意味なものになってしまいます。
法的に「住人からもカギの交換の申し出に答える義務」は残念ながら、今のところありません。

しかし、何回も住人からの要望を受けているにもかかわらず、何の対策もしない場合に、住人が被害にあった場合は、損害賠償を請求できる場合もあります。

勝手にカギを交換してしまい、大家や管理会社から「カギを元に戻すように」と要求されれば、残念ながら、住人は従うしかないのです。まず、カギを交換したい場合は、事前に大家や管理会社と話し合ってみましょう。
それでも、話し合いで解決出来ないのでしたら、ネジなどを一切使わない防犯グッズを使用して、自分で対策しましょう。

ネジを使わない防犯グッズで対策しようへ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ