ホーム  >  侵入者は留守がちな家が好き 1

暮らしのお役立ち情報

防犯対策

侵入者は留守がちな家が好き PART1

侵入者は下見が大好き。この時、念入りに家人の生活形態を調べます。
在宅中だと思わせる工夫をしましょう。

【在宅中と思わせる工夫】

部屋・玄関の明かり

部屋の明かりは、家人が家に居なければつくことはないので、明かりの付いていない時間帯は留守という事になります。一人暮らしや共稼ぎの家などは、家に戻ってくる時間がある程度決まってしまいますので、侵入者には好都合です。
たまには、部屋の電気をつけっぱなしで外出される事も必要だと思います。また、玄関のライトも同様ですので、暗くなると点灯するようなライトに変える事も防犯に役立つでしょう。

カーテン

昼にカーテンをきっちり閉めて外出すると、今出かけてますと知らせていると同じ事。
少し位の外出なら、思い切ってレースのカーテンだけにして、外出してみましょう。

侵入者は留守がちな家が好き PART2へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ