ホーム  >  侵入者は時間がかかる事が嫌い 1

暮らしのお役立ち情報

防犯対策

侵入者は時間がかかる事が嫌い PART1

侵入者は侵入から退去までの所要時間は、侵入に約1~5分、物色に約5分~10分で、合わせて15分前後が一般的です。 このことから、侵入までに5分以上かかると約60%以上が、更に10分以上かかれば90%以上が、入る事を諦めるようです。よって如何に時間をかけさせるかが、防犯ポイントになってきます。

【浸入に時間がかかる事の参考例 】

ワン・ドアー ツー・ロック

ドア1枚につき、2つのカギは、現在常識までなってきています。ネジを使わないものなら賃貸でも使用して問題はないと思います。

窓の補助施錠

特に狙われやすい[窓]には、必ず天井に近い部分に補助錠をつけ、時間稼ぎをしましょう。できれば、他にも2つ補助錠をつければOK!
普段開け閉めの多い窓は、高価でも使い勝手の良い物、あまり使わない窓は、安価で使い勝手を気にしない物と分けるといでしょう。

面格子

出入りをしない窓で、狙われやすい窓は、面格子がお勧めです。けれども、ドライバー1本、簡単に面格子
を取り外せるので、たとえ面格子をしても、カギのロックは忘れずに !!

侵入者は時間がかかる事が嫌い PART2へ

暮らしに役立つ情報トップへ

ページトップへ